忍者ブログ
  • 2017.11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/12/19 05:23 】 |
insouホールディングスと最近話題の「健康茶」について 8
・・・・いきなりですが、体調が悪く明らかに元気のない人は、体温が低い印象を抱いてしまいます。逆に、いつも元気で笑顔が素敵な人には、適度な体温を維持している印象がありますね。先日は「アントシアニンが血行促進し眼精疲労を緩和してくれる」とのお話しをしましたが、このように疲労を蓄積する根本には、すべて「冷え」が大きく関係しているのではないでしょうか?

さてさて、それでは今日も「insouホールディングスと最近話題の”健康茶”について7」のつづきを更新していきますので、最後までおたのしみいただければ幸いです(*^_^*)

たとえば、スマホやPCを普段から長時間使用している場合、眼の周りの筋肉を使いすぎるあまり神経や血管が凝ってしまっても全く不思議はないと思います。そうすれば血管の働きは低下し、血流が流れにくくなり、結果的に身体が冷えてもおかしくはありません。だからこそ、意識的に身体を冷やさないよう、温める効果のある食品や飲み物を積極的にくちにすることも大切だけれど、個人的にはまず「気持ちから入る」と長続きできると思います。

最近は「セロトニン」という、別名「幸せホルモン」「幸せ物質」と呼ばれ、「腸内フローラ」と大きく関係する健康ワードが注目されていますが、これは感情の高ぶりや体調不良を抑えてくれる成分であり、規則的な生活をすることで減少させないことを意識する身体づくりが健康への近道だといわれているそうです。
(次回も”insouホールディングス株式会社”を参考に記事を書いていきますね!)
PR
【2016/04/26 17:52 】 | 未選択
insouホールディングスと最近話題の「健康茶」について 7
皆さま、どうも、こんにちは!このブログでは、管理人である自分が「飲食」に興味を持つキッカケとなった企業「insouホールディングス株式会社」の業務内容や経営理念などを参考にしつつ、昨今注目されている「健康」の特徴について探求すべく定期的に記事の更新をしております(*^_^*)
・・・・さてさて、それでは以下より前回の「insouホールディングスと最近話題の”健康茶”について6」のつづきとなりますので、最後までおたのしみいただければ幸いです。

アントシアニンには視力を回復させるのと同時にもうひとつ特筆すべき効能があります。それは、「血行促進」です。
アントシアニンは「ルテイン」という成分と非常に相性が良く、それはアントシアニンにより働きが改善された血行がルテインを全身に運んでくれるから。

アントシアニンや抗酸化作用が昨今注目されている理由はなんとなくですが納得できるものがあります。そこにはやはりインターネットが大きく関わっているのでしょう。ここ20数年で、我々の周囲の状況は着実に変化を遂げていきました。インターネットが生活の中にいつのまにか当たり前の顔をして入り込んでいたことも驚きですが、そこで得る情報を24時間スマホでチェックできるとなると、四六時中ストレスに晒されている状態。以前も書きましたが、ストレスなどの外部からの刺激は活性酸素を増やす原因です。また、これは個人的見解ですが、活性酸素の増加には「冷え」も関係しているのではないでしょうか。
【2016/04/19 17:23 】 | 未選択
insouホールディングスと最近話題の「健康茶」について 6
皆さま、どうも、こんにちは(^^)このブログの管理人をしている自分は以前「insouホールディングス株式会社」という企業の存在を知ったことがキッカケとなり、「”飲食”から栄養補給とはまた異なる価値を見出したい」と考えつつ、定期的に記事の更新をおこなっております。
・・・・さてさて、それではいきなりですが、以下より前回の「insouホールディングスと最近話題の”健康茶”について5」のつづきとなりますので、最後までおたのしみいただければ幸いです。

先日は「抗酸化物質を含む食材」についてお話しましたが、これらを見ていてふと思ったのが、「栄養素についてもっと具体的な効果を知れば、より”抗酸化作用”について知識を深められるのではないか」ということ。
たとえば、ブルーベリーに含まれる「アントシアニン」。アントシアニンについては眼精疲労に効果があるとして最近CMなどで話題となっていますが、1分1秒パソコンやスマホに向かう行為が求められる現代人が気にするのも必然ですよね。
では、何故アントシアニンが「目に良い」といわれるのでしょうか?

アントシアニンは、ブルーベリーの鮮やかな青紫色からなる色素成分です。第二次世界大戦中、英国のパイロットがブルーベリージャムを口にすると、飛行中*暗視力を得られたということから、ブルーベリーと眼との関係性が研究されてきました。
*暗視力・・・・明るい場所から急激に暗い場所に景色が変化した際、慣れるため視力を順応させること。暗順応ともいう。
【2016/04/12 15:51 】 | 未選択
insouホールディングスと最近話題の「健康茶」について 5
皆さま、どうも、こんにちは(*^_^*)このブログでは、良質な原材料の使用にこだわった3種類の飲料を手掛ける企業「insouホールディングス株式会社」の経営理念などを参考にしつつ、我々が普段何気なく行っている「飲食」の新たな価値を見出す目的で定期的に記事の更新をしております。insouホールディングスでは消費者の心身の健康について独自の考えを持っているようなので、そこから様々なヒントを得て、読者の方々と共有していきたいですね!
・・・・さてさて、それではいきなりですが、以下より前回のつづきとなりますので、最後までおつき合いいただければ幸いです。

先日は【抗酸化物質】についてお伝えしたので、今回はこれらを含む食材をご紹介したいと思います。まずは以下をご覧くださいませ。

【抗酸化物質が含まれている食材】
・「アントシアニン」ブルーベリー、カシス
・「ケルセチン、ルチン」そば
・「カテキン、タンニン」お茶
・「イソフラボン」大豆
・「カルコン」明日葉
・「クロロゲン酸」コーヒー豆
・「ロズマリン酸」シソ
・「ゴマリグナン」ゴマ
・「クルクミン」ウコン
・「スルフォラファン」ブロッコリー
・「βカロテン」緑黄色野菜
・「リコピン」トマト
・「カプサイシン」唐辛子
・「アスタキサンチン」鮭、いくら
・「ルテイン」ケール、ほうれん草
・「フコイダン」海藻
・「βグルカン」きのこ
・「ペクチン」りんご
・「テアフラビン」紅茶
【2016/04/05 16:26 】 | 未選択
insouホールディングスと最近話題の「健康茶」について 4
皆さま、どうも、こんにちは!・・・・さてさて、いきなりですが、このブログでは最近なにかと話題の健康茶「ルイボスティー」に含まれる「抗酸化作用」という成分についてメインに進めていますが、その参考となった3種類の飲料を手掛ける「insouホールディングス株式会社」という企業はとても興味深いところなので、是非ともその素晴らしさを読者の方々に知ってもらうべく、本日も記事を更新していきたいですね(^^)
それでは以下より前回の「insouホールディングスと最近話題の”健康茶”について3」のつづきとなりますので、最後までおつき合いいただければ幸いです!

抗酸化作用は歳とともに年々減少する傾向にあり、また精神的ストレスや外部からの刺激もマイナスになるのを加速させてしまうそうです。
だからこそ、外部から取り入れることがとても大切。まずは以下をご覧ください。

【抗酸化物質】
・フィトケミカル(植物性食品に含まれる)
・カロテノイド(βカロテン、ルテイン、アスタキサンチン、リコピン)
・ポリフェノール(アントシアニン・ケルセチン・ルチン・カテキン・イソフラボンなどのフラボノイド等)
・ビタミン(ビタミンA、ビタミンE、ビタミンC)
・CoQ10、αリポ酸

上記した物質は、必ずどこかで聞いたことがあるかと思います。これらを含む食品を日々バランス良く摂取することが、活性酸素を増やさないための最も有効な手段なのでしょう。
【2016/03/29 17:16 】 | 未選択
| ホーム | 次ページ>>