忍者ブログ
  • 2017.07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.09
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/08/23 15:07 】 |
いんそう・INSOU・印相
現代社会としては、何かしらにつけて印鑑や印鑑証明というものを求められませんか?
一般的な手続きから、役所での手続きまで幅広く使用されていますよね。

今日は、いんそう・INSOU・印相について、
様々な形がありますので、それを紹介していきます。

印材の種類を紹介していきます。


・象牙
印材としての品質は最高で、彫刻面の仕上がりも良いです。
白の色感、色調に品格があります。水牛に比べて2倍の硬さがあるとのことです。

・黒水牛
耐久力があり磨滅や汚れが目立たず、字線も奇麗に彫刻できるものです。
手頃な価格が魅力で現代ではもっとも多く利用されている材質だそうです。

・黄楊(つげ)
ふつう「柘」とも書き、木性の印材ではもっとも堅牢で彫刻に適しています。
安価で一般的な材質で、実印にも認印にも、また官公印にも古くから用いられてきました。

どれもなじみがないものばかりですね。

では、開運吉相印とはなんでしょうか?

篆書体という書体を変えながら印面に隙間をつくらないように彫るのが得票

開運するということを言っているものもありますが、
そういったことでもありませんし。
要はその人の気持ち、大切にしようという気持ちが重要だと思いです。
PR
【2012/12/12 17:58 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0)
<<印相学-INSOUGAKU | ホーム |
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム |