忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/21 15:36 】 |
仏の印相(INSOU)について

ここは現代社会で何かしらにつけて必要となる、

いんそう・INSOU・印相について、紹介しているブログです。

insouホールディングスはinsouという会社名から

変更しているみたいなのですが、

ホールディングスがつくだけでもなんだか大規模な感じがしますね。

insouの時だけでもなんだか印相を学んでいる身としたら

読みが同じでもイメージがこんなに違うのだなと思えるのですが、

さらにinsouホールディングスとなると

全く違うもののように感じます。

実際にはinsouホールディングスと印相は全く関係がないのですが。。

何回も書いてしまいますが、面白いです。

文字にすると楽しいですね!

では、今日も印相にいこうと思います。

◆その他の印

[阿しゅく如来の印] 

阿しゅく如来がつくる印で、左手で衣の端を握る。

[思惟手(しいしゅ)] 

弥勒菩薩がつくる印で、右手の人差指を頬に当てる。

釈迦の次に悟りを開くとされる弥勒菩薩が、

いかにして衆生を救うかを考えている姿といわれる。

[持宝珠印(じほうじゅいん)] 

胸の前で両手を上下におき、その間に玉宝珠を捧げもつ印で、

菩薩像に見られ、中国で成立した印相とされる。 

[安慰印]

施無畏印のように右腕を曲げて手のひらを前に開いて

親指と人差指で輪を作って他の三本の指を立てたもの

(阿弥陀如来仏の下品上生印や薬師如来の三界印などがこれに当たる)

印相ができた国も色々ありそうですね。

こうやって印相ができた歴史を辿るのも面白そうです。

PR
【2014/04/08 16:24 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0)
<<仏の印相(INSOU)について | ホーム | 仏の印相(INSOU)について>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>