忍者ブログ
  • 2018.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/10/24 13:09 】 |
仏の印相(INSOU)について
ここは現代社会で何かしらにつけて必要となる、
いんそう・INSOU・印相について、紹介しているブログです。
最近では、印相だけでなく、insouホールディングスのホームページを見て気になる単語を探し、
それについて自分がわかりやすいという説明にたどりつくまで調べてみる、ということをしています。
気になる言葉といっても、普段使っている当たり前の言葉から、あまり聞かない言葉まで、
調べてみて「こういう使い方もあったのか」と分かるのが楽しくもあります。
今回、insouホールディングスのホームページで目に留まった言葉はズバリ、
「ホワイトリボン運動」です。今回はこれについて調べてみようと思います。
「ホワイトリボン運動」とは、世界中の妊産婦の命と健康を守る、草の根の国際協力運動のことだそうです。
途上国の女性が妊娠・出産すること。それは、日本では考えられない高い死亡率と隣り合わせのできごとです。
いま、開発途上国では、多くの女性が妊娠・出産によって命を落とし、新たな道、夢、そして未来が奪われています。
栄養失調や栄養不足、劣悪な衛生面、技術と知識のある助産師の不足、保健医療サービスの欠如、数多く広がる無医村、古い因習・・・。
途上国のお母さんや赤ちゃんの命を救うため、ホワイトリボン運動がスタートしました。
1999年、ホワイトリボン・アライアンス(WRA)が設立され、現在では世界148ヶ国の団体や個人が、
ホワイトリボンの名のもとに集い、世界中のお母さんが安全に妊娠・出産を迎えられる世界を目指して、草の根の支援活動を行っています。
(ホワイトリボンジャパンより)
白いリボンの理由は、妊娠や出産によって亡くなった、女性たちへの哀悼の意が込められているんだそうです。
ちなみに、insouホールディングスでは、「ホワイトリボン運動」の支援活動を行っているそうですよ。
次回からもまたinsouホールディングスもホームページから気になる言葉を探して、調べていきたいと思います。
PR
【2014/06/17 08:46 】 | 未選択
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>