忍者ブログ
  • 2017.08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.10
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/09/23 11:02 】 |
印材

ここは現代社会で何かしらにつけて必要となる、いんそう・INSOU・印相について、紹介しているブログです。

前回は印相(INSOU)における印鑑の印材について紹介しました。

今回も、印相(INSOU)における、印鑑の印材について続きをご紹介したいと思います!

 

今回の印材は、「本柘植/つげ」です。

柘植は、昔から櫛等によく使われている木材です。

日本の歴史の中で最も古い印材で、植物性の印材です。

はんこで「木」と言えば「柘」というくらい代表的なものです。

木質は木材の中では非常に硬く、細かい細工も可能ですので、三文判などにもよく使用されているそうです。

また、拓は印鑑の他に将棋の駒、数珠、櫛等にも使用されているみたいですね!

鹿児島の薩摩本柘が有名で、江戸時代の印鑑の大半は柘だったそうです。
適度な粘りがあり、繊維が緻密なため捺印性にも優れています。
使用する程に艶が出て、見た目にも美しい印材です♪

昔は伊豆、三宅島、鹿児島等国産のツゲの木を使用した物を「本柘(ほんつげ)」、タイ周辺から輸入した物を「シャム柘(しゃむつげ)」と呼んでいたそうなのですが、今後、ツゲ科・ツゲ属に属する国内産の印材のみを「柘(つげ)」または「本つげ」と呼ぶようです。

これは、もちろん国産の本柘植は最良とされていますので、シャム柘とはっきり区別するためとも言われています。

薩摩本柘なんかは、東南アジアからの輸入品の柘に比べ、特に黄色っぽく艶があるのが特徴のようで、それはやはりとっても美しいものだそうです。

本柘植でつくる印鑑は、やはり木製のため、長期間(数十年ですが使用頻度にもよります。)ご使用の場合、朱肉の成分により枠がもろくなる場合があるようです。

また、朱肉の油と人の油分とで、黄色から茶褐色に変化して品位が落ち、欠けやすくなるそうです。

ご使用後は、朱肉を丁寧にふき取るように心がけると長持ちするそうなので、こちらもお手入れが重要になってきますね。

また、現代社会で何かしらにつけて必要となる、いんそう・INSOU・印相について、紹介していきます。

PR
【2013/12/25 13:57 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0)
<<印鑑のサイズ | ホーム | 印材>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>