忍者ブログ
  • 2017.10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.12
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/11/25 06:52 】 |
印相学-INSOUGAKU
現代社会で何かしらにつけて必要なる、いんそう・INSOU・印相について、
紹介していきます。
 
いんそう・INSOU・印相とは、印鑑の手相のようなものです。
 
印相鑑定(INSOUKANNTEI)というのをご存知でしょうか。
印相鑑定とは印相体と呼ばれる書体を使い、使用者の生年月日と彫刻される文字の画数により適合した印鑑を作る事を言います。
 
具体的な方法を簡単に説明すると、
まず「彫刻される内容の総画数」により、接点数を決定します。
これは 画数+接点数=良い数 になる様に決定することで
名前の画数に不安をもっている人を接点数を加える事で良い方向へ向かわせることが出来、
元々画数の良い人はそれを更に良い方向に向かわせます。
 
次に、使用者の生年月日から本命星・月命星と呼ばれる2つの星を
一白水星~九紫火星の九つの星よりそれぞれ1つずつ決定してゆき、
更にその本命星・月命星の2つの星から傾斜宮という宮を決定します。
 
これらによって印鑑の接点位置(印鑑の枠に文字を構成する線が接する位置)を
八方位と呼ばれる円を8等分した位置の中から決定していきます。
以上の方法で使用者本人様に適合した印鑑が誕生するというわけです。
 
いんそう・INSOU・印相を適合させることで、今後、より運を良くしていくことができます。
 
名前の運勢に不安のある方は、印相学(INSOUGAKU)を知識として身につけている印鑑職人も大勢いるようなので、一度調べてみてはいかがでしょうか。
PR
【2013/02/20 17:14 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0)
<<印相(INSOU)の | ホーム | いんそう・INSOU・印相>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>