忍者ブログ
  • 2018.01
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 2018.03
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/02/22 03:42 】 |
印相(INSOU)と印鑑の種類
現代社会で何かしらにつけて必要となる、いんそう・INSOU・印相について、紹介していきます。
今日は印相(INSOU)の主体ともいえる印鑑について紹介します。

印鑑の種類についてです。

■実印
実印は、居住地の市区町村役場に登録したハンコで、法的な効力があります。
各種契約時に印鑑証明書とともに実印を用いることで、”本人であること”の証明となります。
あなたの権利や財産を守る、大切なはんこです。

■銀行印
銀行印は、銀行口座を開設する際に、金融機関へお届け印として登録します。
定期預金の引き出しの際にも必要になります。
実印と同様に、あなたの財産をしっかり守る、大切なはんこです。

■認め印
認め印は、個人的に郵便小包や宅急便を受け取ったり、公的な証書を請求するときなどに使用するはんこで、日常生活において最も使用頻度の高いものです。

■訂正印
訂正印とは、文書の字句を訂正したときに、その訂正が権限のあるものによって正当に行われたことを明確にするために押印するハンコのことです。

■会社実印
会社実印とは、設立登記の際に法務局へ登録したハンコのことをいいます。
契約時に各種契約書になつ印するハンコになります。
よく角印(社印)の用途と混同される場合がありますが、会社実印は契約書に、 角印は領収書や請求書、見積書など日常業務で発生する書類になつ印するものと なりますので、実際には使い分けが必要です。
会社の代表者が使用しますので、会社実印は、「代表者印」ともいいます。

■角印(会社)・職印
会社銀行印とは、会社が預金を動かすときや手形・小切手に押印するため、 口座開設の際に銀行に登録する、会社のハンコです。
会社の大切な財産を管理するハンコとなりますので、大変重要です。
※内文字は通常、「銀行之印」となります。

以上が主な印鑑の種類です。
印相(INSOU)を知るにはまず印鑑を知らないとですよね。
また、印鑑について紹介します。
PR
【2013/05/02 20:00 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0)
<<印相(INSOU)における印鑑の歴史 | ホーム | 印相(INSOU)学の考え>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>