忍者ブログ
  • 2017.07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.09
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/08/23 15:07 】 |
印相(INSOU)の
現代社会で何かしらにつけて必要なる、いんそう・INSOU・印相について、
紹介していきます。
 
印相(INSOU)をよくするには当然それなりにいい印鑑が必要になってきますよね、せっかく意識するなら安いものではなくしっかりと職人が作ったものにしたいと思います。

さて、今回は運勢を悪くしてしまうような印相(INSOU])について紹介していきたいと思います・
かなり数があるためここでは紹介しきれないのですが一部です。


まず運勢を悪くしてしまうような印相(INSOU)の印鑑を凶相印といいます。
必ずしも悪いものではないのですが運勢として考えるとあまりよくない程度に知っておくといいかもしれませんね!

・二重輪郭の印
輪郭を二重に彫った印は運命に波乱が生じ、不和トラブルを招く相となり家族運が悪くなります。
・金銀やプラチナ台の指輪に名前を彫った印
間違いごとや投機で失敗したり、異性関係の苦労を招いたり、本業が真面目に出来なくなり、一名借金判といわれています。
・小判型の印
この印を実印または銀行印や会社で使用してはいけません。この印は昔から三文判といわれ、この印を使用している人は三文の値打ちしか無いといわれ、財運に恵まれず、会社では役職につけぬ悪印相です。
外枠が太くて中の字が細く彫ってある印
これは発展性に乏しく、財運に恵まれず社会の信用が得られません。お金が入ってもすぐ出してしまって残らない。胃腸病や内臓の悪い人が多い。

などがあります。
このような運の悪い方向斧印相(INSOU)避けるためにも印相(INSOU)の知識を少しは学んでおきたいですね!
PR
【2013/02/23 13:55 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0)
<<古来インドのいんそう・INSOU・印相 | ホーム | 印相学-INSOUGAKU>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>