忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/21 15:35 】 |
印相(INSOU)学の考え
現代社会で何かしらにつけて必要となる、いんそう・INSOU・印相について、紹介していきます。

印相学では印の丸い部分を自然と考えます。それは地球が丸いからです。
印相学の説明には人と自然とのつながりが、とても大切です。
人は自然に生かされているということです。

『印鑑における自然との接点』
自然をあらわす外側の丸い部分との接点がないものは自然を無視した、生きられない型であるために凶相運を持つ印鑑になります。
また画数が凶相のものも凶相うんを持つ印鑑になります。
「接点増画法」を用いれば、吉数にかわります。

『印相八方位』
印相における印画には、八方位という区分けがあります。
それに応じて、先述した「接点増画法」を用いて、”凶相”を”吉相”に、”吉相”がよい”吉相”に転じるのが開運印鑑でありますが、これはすべて印相(INSOU)哲理に基づいて決定されるものです。
八方位の区分けには、それぞれ
「社会と成功」「愛情と災厄」「結婚と福分」「健康と蓄積」「家庭と不動産」「変化と病気」「事業と希望」「活動力」といった運勢に大別しています。

『印の力』
印とは、べたべた押すものと考えている人が多い様です。人間は、生れた直後から死ぬまで、1分も休むことなく、空気を吸い、自然の中で生きていながら、そのお蔭と云う事を忘れ、感謝する事を忘れています。
世界の三聖人孔子は、人は印なり。印は人なり。と云われていました。さらに印(実印)は魂体(たましい)であり、分身体であるといわれています。したがって、日本では印鑑行政といって、印の力は憲法で保障してあります。印は、時には、人により大きな力があるのです。それは法律で守られているからです。保証人に立った為、全財産を失い、悲観して自殺した例等、それこそ印の力がどれ程大きいかが解ります。故に印は、生命、魂体、分身体、人は印なりと云えるのです。
 印を持つなら、吉相印、それは大自然の哲理に合致し、眼に見えない大きな福運を得る事ができますし、それを信じる事によって安心であるばかりか、大きな活力となって、即ち、幸運な人生となるのです。

これらは印相(INSOU)学の考えであり、印相(INSOU)学が運命を変えるという理由です。
PR
【2013/04/26 22:07 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0)
<<印相(INSOU)と印鑑の種類 | ホーム | 印相(INSOU)占い>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>