忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/21 15:36 】 |
印鑑の保管について
現代社会で何かしらにつけて必要となる、いんそう・INSOU・印相について、紹介していきます。
前回は印相(INSOU)における実印と認印のちがいについて紹介しました。
今日は、印相(INSOU)を語るうえで欠かせない、印鑑の保管方法について紹介したいと思います。
 
まず、実印と印鑑証明の保管場所について考えてみたいと思います。
実印と印鑑証明書は必ず個別に保管した方が良いですね。
印鑑証明書と実印は、二つそろって意味が出ますので、実印と印鑑証明書は個別に保管し、印鑑証明書は必要な部数だけ取るようにしましょう。
印鑑登録カードがあれば、誰でも印鑑証明書がとれます。
しかし、印鑑登録カードには、本人の住所・氏名が記載されていませんので、万が一に備え、実印、免許証など住所・氏名がわかるものとは一緒にしないで保管するのがベストです。


なかなか一般的には難しいかもしれませんが、実印は、管理のしっかりした、銀行の貸し金庫などに預けるのが望ましいようです。
また、実印や印鑑証明書は、絶対に他人に、また親族であっても極力預けない方がいいですね。
実印を預かった家族が第三者にだまされて、事件になったケースも多いそうです。
 
次に銀行印ですが、通帳とセットで保管されてはないですか?
一緒に保管しておく事は、なくさないためには非常に有効な保管手段なのですが、通帳と銀行印がセットだと、なくした場合や盗難にあった場合に簡単に預貯金が引き出される可能性があるからです。
最近では、ATMなどで引き出す事が多くなってきていますが、窓口にてお金を引き出す事も可能ですし、また、銀行印で手形や小切手を降り出す事も可能なので注意する必要がありますね。
 
はい、私はちゃーんと印鑑、通帳、銀行カードをセットして保管していましたよ・・・泣
さっそく、別々に保管できる定位置を決めないといけませんね。汗
 
とにかく「一緒に置かない」という事を徹底しないといけません。痛い目に合うのは自分ですからね。お金を引き出されるリスクがあり、その後の再発行や印鑑の購入と無駄に時間と手間もかってしまいますし。
 
印鑑、通帳の保管場所は、分かりやすい場所だと安全では無いですし、風水では、暗い場所が良いとされています。
たまに耳にするんですが、「冷蔵庫に保存する・・」、「 車のマットの下に敷く・・」、「布団の下」や「仏壇を置き場所にする人・・」、「ガーデニングいじりのついでに、土の中!?」、「印鑑は冷凍庫、通帳は冷蔵庫・・」なんて人もいるようです!笑
ひどい人は、「水洗トイレのタンクの中にビニール袋に入れて保存」なんて人も!?笑
こんな方・・確かに安全?で目につきにくいかもしれませんが、ちょっと保管場所を考え直してみてはどうですか。

風水で良いとされている保管場所は、財方(ざいほう)の方位で、もし無理なら西北→東北→北の順位がおススメみたいです。
 
西北は、『お金を寝かせる・とどまらせる』と言う意味があり、東北は、「山」をあらわし『蓄積』の意味があります。北は、金運を上昇させるそうです。
財方の調べ方や、保管場所に迷った方は参考にしてみてくださいね♪
 
少し話はそれますが、貯金通帳に財運をつけるには、ふだんはATMで済ませる人も通帳記入を するようにしてみてください。
ただし、記帳のタイミングはお金が入っている状態で、入金されている状態の通帳などが良いそうです。
通帳記帳のタイミングは、財畜運に関係してくるそうですよ!
ポイントとしては、お金の出金は必ずありますので貯めこむ専用の通帳を決めておくことです。
 
通帳は、何冊かお持ちの方が多いと思いますが、引き落としの無い入金専用の通帳を決め、引き落とし口座は一つにまとめておきます。
そうすると、入金専用の入ってくるだの貯金通帳ができ、通帳記帳をしてもプラスが増えるばかりの縁起の良い1冊ができるというわけです。
 
気休めのひとつかもしれませんが、試してみるのもいいですね。
私は良いとされるものは試したいタイプなんで、さっそく西北に保管し、入金専用通帳を作ってみようと思います♪
効果が出ればまたご報告しますので、気長~に待っててくださいね♪
 
 
また、現代社会で何かしらにつけて必要となる、いんそう・INSOU・印相について、紹介していきます。
PR
【2013/08/24 23:40 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0)
<<印鑑の照合について | ホーム | 印相(INSOU)における実印と認印のちがい>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>