忍者ブログ
  • 2018.01
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 2018.03
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/02/22 03:44 】 |
insouホールディングスからはじまる「飲食」のつながり・・・ 20
皆さま、どうも、こんにちは!今日もこのブログを見に来て下さいまして本当にありがとうございます。管理人である自分は現在「insouホールディングス株式会社」という企業について大変関心がありまして、気になる部分をコツコツとリサーチしては考えをまとめ定期的に記事の更新をしているのです。ここでは良質な原材料にこだわった3種類の飲料(ミネラルウォーター、緑茶、ウーロン茶)をメインにあつかっていまして、他にも「飲食」に特化した活動のサポート等、オリジナリティあふれる事業を積極的に実施しているようですね!―――さてさて、それでは以下より前回の「insouホールディングスからはじまる”飲食”のつながり・・・19」のつづきとなりますので、よろしければ最後までご覧くださいませ。今回のテーマの冒頭にとり上げた江國香織『やわらかなレタス』では「”飲食”を起点とした移動」について個人的に見ていきました。ここでの場合は「現実」「非現実」、「過去」「現在」のように、異なる存在のあいだを読者は自由に行き来できるという特徴について記載。基本的に「文章」というのは例え現実がテーマだとしても、作者自身の「空想の産物」であることに変わりはない。それは『鶴川日記』『お金がなくても~』というエッセイであっても同じことだろう。しかし、そこに我々にとって現実的な「飲食」が加われば、異質なもの同士の移動が可能となる。移動の原動力は読者側の「想像力」だろう。
PR
【2015/10/21 17:48 】 | 未選択
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>