忍者ブログ
  • 2018.04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.06
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/05/28 00:41 】 |
insouホールディングスからはじまる「飲食」のつながり・・・ 22
皆さま、どうも、こんにちは(^^)本日もこのブログを見に来てくださいまして、本当にありがとうございます。管理人である自分は現在「飲食」にまつわる事柄について非常に関心がありまして、気になる情報をコツコツとリサーチしては考えを記事にまとめ定期的に更新をしています。そこで参考にしているのが「insouホールディングス株式会社」という企業!ここでは良質な原材料を使用した3種類の飲料(ミネラルウォーター・緑茶・ウーロン茶)をメインにあつかっており、また「飲食」に特化した活動のサポートなど、オリジナリティあふれる事業を積極的に実施しているようですね。―――さてさて、それでは、以下より前回の「insouホールディングスからはじまる”飲食”のつながり・・・21」のつづきとなりますので、よろしければ最後までおつき合いくださいませ。著者の頭のなかを通してつくられた「文章表現」に現実的な要素の「飲食」がツールとして加われば、そこには対象的なふたつによる「移動」が可能となる。白洲正子著『鶴川日記』23ページ、吉村葉子著『お金がなくても~』22ページの内容が印象的なのは、想像的な空間のなかに我々の生活にとって身近な存在である「飲食」が読者を刺激するスイッチとして登場するからだろう。ここで読者は現実と想像のはざまを積極的に行き来する「自由」を獲得するのではないだろうか・・・・?この「読者の想像の自由」について、もうすこし具体的に掘り下げていきたい。
PR
【2015/10/31 17:52 】 | 未選択
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>