忍者ブログ
  • 2017.10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.12
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/11/25 06:54 】 |
insouホールディングスからはじまる「飲食」のつながり・・・ 25
皆さま、どうも、こんにちは(*^_^*)今日もこのブログを見に来てくださいまして、本当にありがとうございます。管理人である自分は現在「飲食」にまつわる物事についてとても興味がありまして、気になる情報をコツコツとリサーチしてはそれらの内容を記事にまとめ定期的に更新をしています。そこで参考にしているのが「insouホールディングス株式会社」という企業。ここでは良質な成分の使用にこだわった3種類の飲料(ミネラルウォーター・緑茶・ウーロン茶)を筆頭に、「飲食」に特化した活動のサポート等、オリジナリティあふれる事業を積極的に展開しているようですね!さてさて・・・・それでは、以下より前回の「insouホールディングスからはじまる”飲食”のつながり・・・ 24」のつづきとなりますので、よろしければ最後までおつき合いくださいませ。江國香織著『東京タワー』にて、主人公の透は自身の空虚な人生を「味のないゼリー」と称し、それが詩史との出会いにより彼女にとらわれて「じょじょに固まっていく」と表現している。いっぽう、透にとって「なんでも持っている」ように見える詩史の所作からは、確かに年月を経てきただけではない「余裕」や「自由」が感じられる。それは冒頭の「フラニー」での様子からも理解できるのではないだろうか?「フラニー」でウォッカを飲む詩史を透は「つよい酒をすこしだけ飲むのが好き」と語っている。これはつまり、自身のペースを維持しながら酒を嗜む時間を確保できるということでは・・・・?
PR
【2015/11/08 17:56 】 | 未選択
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>