忍者ブログ
  • 2017.10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.12
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/11/25 06:55 】 |
insouホールディングスからはじまる「飲食」のつながり・・・ 28
皆さま、どうも、こんにちは(^^)今日もこのブログを見に来てくださいまして、本当にありがとうございます。管理人をしている自分は現在「飲食」にまつわることに非常に興味があり、気になる情報をコツコツとリサーチしては考えた内容を記事にまとめて定期的に更新をしています。そこで参考にしているのが「insouホールディングス」という企業。ここでは良質な成分を配合した3種類の飲料(ミネラルウォーター・緑茶・ウーロン茶)の販売を中心に、「飲食」に特化した活動のサポートなど、オリジナリティあふれる事業を積極的に展開しているようですね!さてさて、それでは以下より前回の「insouホールディングスからはじまる”飲食”のつながり・・・ 27」のつづきとなりますので、よろしければ最後までご覧くださいませ。江國香織著『東京タワー』にて、冒頭主人公の透が自身の人生を「味のないゼリーがじょじょに固まっていく」と表現しているが、果たしてこれはどのようなことを意味しているのだろうか?まず、「味のないゼリー」について考えていきたい。「ゼリー」というと通常は鮮やかな色味や香りで涼やかな佇まいをしているが、これが全くない、無味無臭の物体は正直いって多少不気味だ。しかもゼリー特有の弾力は残っているのだ。プルンとした透明の、なんの味も色もない物体―――ここから漂う不気味さは、なんとなく透自身についてを分かりやすく表現しているように思う。
PR
【2015/11/29 17:04 】 | 未選択
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>