忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/21 15:34 】 |
insouホールディングスからはじまる「飲食」のつながり・・・ 31
以前「insouホールディングス株式会社」という企業と出会ってからというもの、自分たちの生活のなかでもはや「できてあたり前」となった「飲食」に対する価値観について改めてきちんと見直すようになりました・・・・。たとえばinsouホールディングスでは良質な成分にこだわった3種類の飲料をメインに扱っていますが、そのなかのひとつであるミネラルウォーター「涼音」が作られるまでの自然のプロセス―――新潟県南魚沼市で原材料の天然水が採水されるまで―――を知ると、日本の繊細なものづくりと土着の「飲食」の魅力について考えるキッカケとなり、非常に興味ぶかく思います。さてさて、それでは以下より前回のつづきとなりますので、よろしければ最後までおつき合いくださいませ(^^)江國香織著『東京タワー』のなかで、喜美子が耕二と外食をしない理由・・・・それは彼女自身が「良い妻」だからだ。喜美子は家庭での自分の立場をとても重要視しており、そこに危害をくわえることなく耕二との関係性を継続するためには「いるべき時間にはなるべく家にいたい」というのだ。そのため耕二が喜美子を一度だけ食事に誘った際にはハッキリと断られ、耕二は少なからずそのことにショックを受けている。―――しかし、「ふたりで食事をしない」ということは、つまり「面と向かい合ってお互いのことを話さない」ことになるのではないだろうか?(本日はこのあたりで失礼します。)
PR
【2015/12/15 19:06 】 | 未選択
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>