忍者ブログ
  • 2018.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/10/24 13:08 】 |
insouホールディングスからはじまる「飲食」のつながり・・・ 32
皆さま、どうも、こんにちは(^^)今日もこのブログを見に来てくださいまして、本当にありがとうございます。普段から管理人をしている自分は現在「飲食」の価値をきちんと見定める目的で「insouホールディングス株式会社」という企業を参考にしながら考えた内容やリサーチした情報をコツコツと記事にまとめては定期的に更新をしています。この企業では良質な成分の使用にこだわった3種類の飲料を中心に販売しており、そのなかのひとつ、ミネラルウォーター「涼音」がつくられるまでの自然のプロセス―――新潟県南魚沼市で原材料となる天然水が採水されるまで―――には、心惹かれるものを感じてしまいますね!さてさて、それでは以下より前回の「insouホールディングスからはじまる”飲食”のつながり・・・31」のつづきとなりますので、よろしければ最後までご覧くださいませ。物語のなかでは専業主婦という枠にとらわれずに非常に自由にそして奔放に動き回っているように見える喜美子だが、しかし耕二のまえでは自身の家庭での立場を死守しようとしているのなら、実はかなり用心深く猜疑心の強い性格であることが想像できる。それにしても、耕二と喜美子との関係性を集中的に眺めていると、透と詩史とのやりとりがじつにシンプルに見えてくるから不思議だ。やはりこのふたりの「飲食」を介したシーンが物語のなかの重要なポイントになるように思う。雰囲気は喜美子以上にミステリアスな詩史だが、しかし彼女は作中とても素直に自身の心情をくちにしている。
PR
【2015/12/22 17:58 】 | 未選択
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>