忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/21 15:31 】 |
insouホールディングスからはじまる「飲食」のつながり・・・ (終)
さてさて、「insouホールディングスからはじまる”飲食”のつながり・・・」も今回でラストです。3種類の良質な成分豊富な飲料をとり扱う「insouホールディングス株式会社」における繊細なものづくりを参考に物語に登場する「飲食」のシーンを見ていきましたが、予想外に様々な発見があり、興味ぶかく内容をすすめられた実感があり満足しております。この「発見」について説明していきますと、ひとつは「”飲食”は登場人物の内面を映しだしてくれる」。頻繁にデードで外食を重ねることで少しずつお互いの本音に触れていく詩史と透、外でほとんど食事はせず、逢瀬を重ねるたびに疑念がふくれあがっていく貴美子と耕二―――というように、食事のとりかた次第で作品には描かれていない人物の深層を想像する「ツール」に「飲食」はなり得るのではないかと・・・・。そう考えると、やはり「飲食」には栄養面だけではなく精神に働きかける要素も含まれているように思う。多分、食べる動作、飲む動作、個人的な好き嫌いに、人間の深層心理が色濃く現れるものなのでしょう。「美味しい」は身体だけではなく心をも豊かにしますが、それが「どういう風に美味しいのか」と更なる追求を試みたとき、どんな答えにたどり着くのか―――是非とも今後チャレンジしてみたい!では今回はひとつのテーマに長々とおつき合いいただき本当にありがとうございました。次回以降もよろしくお願い致します。
PR
【2016/01/05 19:22 】 | 未選択
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>