忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/21 15:26 】 |
insouホールディングスと最近話題の「健康茶」について 2
このブログで記事を作成するにあたり毎回参考にしている「insouホールディングス株式会社」という企業では、ユーザーの心身のバランスに特化したオリジナルの飲料を3種類製造・販売しています。この「心身のバランス」とは、喉を潤すという身体的側面だけではなく、栄養豊富な原材料の使用にこだわるなど、「心も潤してくれる」効果があると個人的に捉えているのです。
・・・・そんなinsouホールディングスから影響を受け、現在話題の健康茶「ルイボスティー」についてメインテーマとしています。今回は↑の元となる「ルイボス」の興味ぶかい特徴をUPしていくつもりなので、最後までおつき合いいただければ幸いです(*^_^*)

ルイボスは南アフリカ共和国はケープ州ケープタウンのゼダルバーグ山脈にのみ自生している針葉樹様の低木の植物です。ちなみに他の地での栽培は何度か試されたそうですが、ゼダルバーグ山脈の気候がよほど適しているのか、すべて失敗に終わったとか。
「ルイボス」はアフリカーンス語で「赤い低木」を意味し、「ローイボス」と発音するそうです。英語の発音では「ロイボス」。
乾燥させた葉はお茶以外にも世界中にさまざまな用途があり、アフリカではミルクティーにしたり、カフェラテが人気だったり、またリキュールとして楽しまれてもいるとか。

・・・・さてさて、「ルイボスティー」が健康茶と言われるには適した理由があるはずです。そこについて次回具体的に調べていきたいと思います。
PR
【2016/03/15 19:15 】 | 未選択
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>