忍者ブログ
  • 2018.08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2018.10
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/09/22 17:03 】 |
insouホールディングスの「涼音」が生まれる場所について・・・ 3
この国に四季がなければ、きっと「insouホールディングス株式会社」の「涼音」は誕生しなかったのではないでしょうか?―――のっけからいきなり大袈裟な言い方ですが(笑)それでも、日本ならではの四季折々の自然に育まれた天然水を原料とするミネラルウォーターについてしらべていますと、自分が住む土地の土着の魅力を再確認するのと同時に、「insouホールディングス」がいかに飲食の新鮮さを重要視しているかあらためて考える良いキッカケとなりますね・・・・。さてさて、「涼音」の採水地は新潟県南魚沼市ですが、ここには「コシヒカリ」以外にも滋味豊かな作物が集結しています。それについて今回記事をすすめていきますので、よろしければ最後までおつき合いくださいませ・・・・(*^_^*)南魚沼の山々にかこまれた土地柄と自然に育まれた作物にはコシヒカリのほかに「八色しいたけ」、「八色西瓜」、「百合」があります。まずは八色しいたけについてご紹介していきますね。肉厚で大ぶりなのが特徴の八色しいたけ―――焼いたあと思いっ切りかじりついたらとても美味しそうですが、はたしてどのようなプロセスをへて育てられるのでしょうか?きのこ類は栽培時通常なら菌床からアチラコチラの方向をむいて育っていくものです。しかし八色しいたけの場合は菌床の上面のみ利用して栽培するので、栄養分や旨味が分散されずひとつにあつまって凝縮されるようになっているのだそう(^^)
PR
【2015/05/28 19:48 】 | 未選択
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>