忍者ブログ
  • 2017.11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/12/19 05:09 】 |
insouホールディングスの事業から探求する「飲食」の価値 2
自分は現在「飲食の価値を”栄養補給”の観点ではなく”精神面に及ぼす影響”から探求する」ことについて非常に興味があり、個人的に関心のある物語に登場する食事シーンにどう心が動かされるのか・・・・そのプロセスについて探求し、考えた内容を記事に記録しています。良質な原材料を使用した3種類の飲料を販売する「insouホールディングス株式会社」の事業を参考にしながら、「飲食」の新たな価値について皆さまに少しでも興味を持っていただく機会になればこちらも幸いですね。・・・・さてさて、それでは以下より前回の「insouホールディングスの事業から探求する”飲食”の価値」のつづきとなりますので、よろしければ最後までご覧くださいませ(*^_^*)上記した内容と同様、これ以降物語に登場する食事シーンをひとつひとつ考察し、どのように心が動かされるのか、経過観察を記事に起こしていくつもりです。そこで今回とり上げるのは、以前二宮和也主演で映画化もされた『青の炎』の原作者、貴志祐介が数年前に描き、見事受賞するに至ったSF『新世界より』だ。この作品はいまより1,000年後、繁栄した文化がいちど息絶えた日本を舞台に、「呪力」という名の超能力を行使する人々が活躍する世界が登場します。物語の主人公は渡辺早季で、彼女が過去から自身の激動の人生を語る語り部として未来に教訓を残すべく内容が進んでいくのです。ここで自分が個人的に気になる「飲食」は冒頭のシーンだ。
PR
【2016/01/19 17:45 】 | 未選択
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>